子どもの泌尿器に関するお悩み

男の子がいるお母さんにお伝えしたいこと

おちんちんのトラブルは、女性にはわかりにくいと思われます。もし近くに相談できる男性がいない場合でも、お気軽に当院までご相談ください。もちろん、男親の方からのご相談にも応じます。

思春期のお子様の治療について

当院では、思春期のお子様を治療する際、メンタルケアにも配慮するよう努めております。
自分が病気かもしれないと思うことは、お子様にとって大人の想像以上に負担がかかる場合があります。不必要に不安を与えないよう、検査結果は一つひとつ丁寧に説明いたします。親御様にも一緒に聞いていただきますので、協力してお子様のケアに取り組んでいただければと考えています。

男の子の包茎について

男の子の代表的なおちんちんの悩みの一つが包茎です。
産まれたばかりの赤ちゃんは包茎で、子どもの時期はたいていそのままになっています。思春期の頃になるとペニスが成長し、ほとんどの男児が包皮を剥けるようになるので、基本的にはあまり心配はいりません。ただし、どうしても心配であれば、3~4歳までに包皮が剥けるかどうか確認してみてください。亀頭がのぞくようなら大丈夫です。包皮が剥けず、亀頭が見えない場合はご来院ください。

親御様ができること

親御様がお家でしてあげられることは、ペニスを清潔に保つことです。お風呂で包皮を剥いて洗ってあげましょう。清潔にしていないと恥垢がたまり、亀頭包皮炎になることがあります。
包皮はいつか剥けるものですが、小さいときから徐々に時間をかけて剥いてあげるのも一つの方法です。ただし、無理やりするのは禁物です。毎日少しずつ時間をかけましょう。
ひとりでできるようになれば、トイレやお風呂のときに包皮を剥くように促してあげてください。

おねしょについて

夜寝ているときに、無意識にオシッコを漏らしてしまうのが「おねしょ」。正式には「夜尿症」といいます。

  • 小学校入学まで

    小学校に入るまでは、排尿器系は未発達です。おねしょが多いからといって、必ずしも病気と心配する必要はないでしょう。むしろ、あまり過敏になりすぎないことが大切です。

  • 小学校入学後

    小学校入学頃までおねしょをしていた子どものうち、10~20%の子が小学校入学以降もおねしょが続きます。この時期以降になると、「夜尿症」と考えられます。

  • 中学生以降

    中学生以降も、3~5%の子どもが「夜尿症」で、おねしょが続きます。しかし、思春期を迎えるとともに急激に減少します。

おねしょの対策

小学校入学を前にすると、おねしょをするお子様を持つ親御様には、「このままおねしょが続くのでは…」という焦りが見えることが多いです。そのため、お子様自身も精神的負担や不安が生じる可能性があり、逆効果になることがあります。生活指導や薬物療法で対処することもできますので、あまり思い詰めず、一度ご相談ください。

おねしょの治療で大切なのは、まず親御様が必要以上に焦らないことです。夜に無理やり起こしてトイレに行かせたり、おねしょを怒ったりするのは、お子様にとって良い方法とは言えません。多くの場合は年齢とともにしなくなります。発育に障害を及ぼすようなことは、ほとんどありません。それでも気になる方は、お気軽にご相談ください。

まずはお気軽にご相談ください

お悩みの方はいつでも鶴泌尿器科クリニックまでお問い合わせください

  • 053-444-3111 受付時間 9:00~12:00/15:30~18:30
  • bnr-tel_spimg.jpg
  • 24時間受け付けております メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ