前立腺肥大症手術について

当院の前立腺手術の特徴

レーザー前立腺肥大症手術を行っています

当院では、国内に数台しかないとされる、ドイツ製のレーザー機器を導入して、前立腺肥大症手術を行っています。出血が少なく、細径の膀胱鏡を使用するため、身体への負担が少ないのが特徴です。手術時間も比較的短時間で済み、日帰りで実施することができます。

術後の回復室をご用意しております

手術室のすぐ隣に、リカバリー室を設けております。
術後の経過観察や、回復するまでしばらくの間、お休みいただく場所です。

前立腺肥大症について

前立腺肥大症を放置するリスク

前立腺肥大症を放っておくと、突然尿が出なくなる急性尿閉になったり、残尿が慢性的に多くなる慢性尿閉になったりすることがあります。また、腎臓の働きが悪くなり、腎後性腎不全になるリスクが高まります。

前立腺肥大症手術について

  • 手術の対象になる人

    前立腺肥大症により、尿の出が悪い人は、手術により症状が大きく改善します。頻尿もおおむね改善させることができます。
    (※前立腺肥大症によるものの場合です。睡眠障害などが原因の場合は改善しません。)

  • 合併症について

    一過性の尿閉(10%程度)、血尿・排尿痛(1~2ヶ月程度)、逆行性射精、尿道狭窄(3%程度)などが起こる場合があります。

  • 手術後のフォローについて

    手術翌日、1週間後、2週間後、1ヶ月後、その後、1ヶ月おきに定期検査を行っております。それ以外のときでも、気になることがありましたら、遠慮なくお申し出ください。

 
 

まずはお気軽にご相談ください

お悩みの方はいつでも鶴泌尿器科クリニックまでお問い合わせください

  • 053-444-3111 受付時間 9:00~12:00/15:30~18:30
  • bnr-tel_spimg.jpg
  • 24時間受け付けております メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ