女性の泌尿器のお悩み

女性でお悩みの方へお伝えしたいこと

当院は男性医師ですが、通常の膀胱炎などであれば触診や内診の必要はありません。また、エコー検査や腹部触診の際には女性スタッフが必ず立ち会い、少しでも安心して検査を受けていただける環境を整えております。

プライバシーに配慮

泌尿器のお悩みはデリケートな内容になります。場合によっては問診票に書きづらいこともあるかもしれません。そんな場合には、女性看護師がお尋ねしますので、口頭でお伝えください。
診察室と中待合室は扉とカーテンで二重に仕切っております。また、院内にはBGMを流し、会話が外に漏れないよう工夫しています。
プライバシー保護には充分気を配っておりますが、気になる点がありましたら、遠慮なくお申し出ください。

女性に多い尿漏れの症状

尿漏れは、大きく3つに分けられます。

腹圧

くしゃみや咳、スポーツなどで腹圧がかかったとき、少し漏れてしまう。

以下のような方が該当します。

くしゃみをした瞬間に漏れてしまう
風邪をひいて咳が出るときに漏れてしまう
縄跳びなど、ジャンプをすると漏れてしまう
ジョギングをしているときに漏れてしまう

急な切迫

急に尿意を感じてトイレが間に合わず、漏れてしまう。

以下のような方が該当します。

急にトイレに行きたくなったが、トイレがなくて失敗してしまう
尿意を感じてトイレに向かったが、着くまで我慢ができない
トイレが間に合わない

その他の要素

何もしなくても尿が漏れてしまう。

以下のような方が該当します。

オシッコが出にくく、下腹が張っている感じがする
尿意をもよおさないのに、ちょろちょろと漏れてしまう
知らない間に下着を濡らしてしまっている

こんな体験はありませんか?

尿漏れの相談なんて、恥ずかしくて誰にも相談できない。

40歳を過ぎた頃から尿漏れするようになり、その頻度が高くなっています。でも恥ずかしくて誰にも相談できず、医者にも行く勇気がありません。(40代女性)

生理中以外でも、パッドが欠かせない。

くしゃみをしたり、しゃがんだりした瞬間、または重いものを持つときなど、お腹に力を入れると尿が漏れることがあります。いつ漏れるかわからないので、生理でもないのにパッドが欠かせません。とても煩わしく改善したいのですが、恥ずかしくて誰かに相談することもできず、どうすれば良いかわかりません。(50代女性)

トイレの心配があって、遠くの旅行を楽しめない。

急な尿意に襲われることがよくあり、友人と旅行に出かけても、トイレが気になって楽しめません。休憩のたびにトイレに行くのは億劫でもあり、電車移動でたびたび下車しなければならないのは、友人に迷惑をかけるので気がひけます。(60代女性)

当院の検査は、尿検査やエコーが中心です

泌尿器科での検査は、婦人科の診察のようなことがあるのでは…と心配されている方が多いですが、それは誤解です。泌尿器科では、検尿やエコー(超音波検査)が中心です。

当院の治療は基本的に、薬物療法です。検査も尿検査とエコーがほとんどで、婦人科のような内診を行うことはほとんどありません。

病気かどうかを自己判断するのではなく、医師の正しい診察を受けることは大切です。恥ずかしいと思わず、日常生活でお困りのことがある場合は、お気軽にご相談ください。薬物療法で改善できることも多いです。
万が一、手術が必要な場合や重症な場合には、手術設備の整った専門病院を紹介させていただくこともあります。

女性に多い膀胱炎

膀胱炎とは、尿道を介して膀胱の中に雑菌が入ることにより、炎症が引き起こされる疾患です。男性よりも女性に多く見られますが、それは、男性は尿道が女性に比べて長いので、膀胱炎になりにくいからです。
膀胱炎は、再発するケースが多く、腎盂炎に発展する場合もあるので注意が必要です。
膀胱炎になると、頻尿や排尿痛、尿混濁などの症状が現れます。これらの症状が見られたら、早めに受診してください。当院では、膀胱炎再発防止のための日常生活指導も行っています。

膀胱炎の症状

膀胱炎の代表的な3つの症状は、「頻尿」「排尿痛」「尿混濁」です。これらの症状が見られたら、すぐに受診してください。

頻尿

炎症により膀胱内の神経が刺激され、頻繁に尿意をもよおすようになります。

排尿痛

炎症を起こしている膀胱が、排尿することで急激に刺激され、痛みが出ることがあります。

尿混濁

細菌が尿の中で増殖し、白血球が増えたり、炎症を起こした膀胱の粘膜がはがれたりすると、尿が白く濁ったり、膿のようなものが混じることがあります。

膀胱炎セルフチェック

  • 頻尿
  • 尿の回数が増加した
  • 1回の排尿量が少なくなった
  • 10分間隔でトイレに行くほどの頻尿になる場合がある
  • 残尿感がある
  • 排尿痛がある
  • 排尿の後半や終了後に痛みがある
  • 下腹部や尿道口に痛みがある
  • 尿が白く濁る
  • 尿に膿のようなドロッとしたものが混じる
  • 尿の臭いが強い

一つでも当てはまる方は、膀胱炎の疑いがあります。早めに受診してください。

膀胱炎の治療方法

当院では、主に抗生物質や抗菌剤を投与して治療いたします。

日常生活で気を付けること

  • ①排尿を我慢しない

    オシッコを我慢すると、膀胱で細菌が増殖しやすくなります。我慢せず、こまめにトイレに行くようにしましょう。

  • ②陰部を清潔に保つ

    尿や便が残っていることによる細菌感染も多いです。陰部は清潔にしましょう。

  • ③排便後の処理と便秘に注意

    排便後は前から後ろへ拭くようにしましょう。また、便秘気味の人は膀胱炎になりやすい傾向にあります。便秘にならないようにも注意しましょう。

  • ④性行為後はトイレへ

    性行為中は細菌が尿道に侵入しやすい状態にあります。性交後はすぐにトイレで排尿し、菌を排出することを推奨しています。陰部をシャワーなどで洗い流すのも予防効果があります。

  • ⑤疲れないよう気を付ける

    体が疲労しているときは、免疫力が低下して細菌に感染しやすくなっています。それが膀胱炎にも繋がるため注意が必要です。

  • ⑥水分を多めにとる

    体内の水分が不足すると、膀胱内の尿が濃くなるため、細菌感染のリスクが高まります。頻繁に膀胱炎を発症する人は、日頃から水分を多めにとるように心がけましょう。

※症状に気付かず、受診が遅れたり、再発を繰り返したりすると、腎盂炎に発展する可能性もありますので、注意が必要です。膀胱炎の症状(頻尿、排尿痛、尿混濁など)の後、突然の高熱に見舞われた場合は、腎盂炎の疑いがあります。早急に受診するようにしてください。

まずはお気軽にご相談ください

お悩みの方はいつでも鶴泌尿器科クリニックまでお問い合わせください

  • 053-444-3111 受付時間 9:00~12:00/15:30~18:30
  • bnr-tel_spimg.jpg
  • 24時間受け付けております メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ